太陽光発電の特徴とメリット

太陽光発電は太陽光パネルを設置して太陽光を燃料として発電する発電方法です。火力発電のように発電時に大気汚染の原因になる物質を出しませんし、原子力発電のように発電のシステム自体が大きな環境リスクになる事もありません。その為自然環境に優しいエコなエネルギーと言えるので、将来性のある発電方法として注目されています。

燃料は火力発電のように燃料を購入する必要がないので、発電コストが抑えられて安価で電力を供給できます。燃料費の相場の変動に供給が影響される事もないので、安定して生活必需品である電力を供給できます。火力発電や原子力発電は性質上専門の期間でしか運用できない発電システムでした。しかし太陽光発電は小規模ならば一般家庭にも導入できるメリットもあります。

投資対象としても魅力がある

太陽光発電は一般家庭にも導入できる発電方法なので、投資先としても人気があります。太陽光発電に投資して利益が生み出せる仕組みは設置したシステムで発電した電力を自分で使用して電気の購入費を削減したり、余った電力を売却する事で利益を出せます。株式などの有価証券に投資する時と比べて短期間で大きな利益を出せる物ではありません。それでも太陽光パネルの耐用年数と設置場所の平均日照時間から計算して収益を計算できるので、収益予測をしやすい投資先です。

太陽光発電は自然にも優しい発電方法なので、自治体も普及を促進する為の対策として補助金制度や減税制度を導入している自治体もあります。導入する時は補助制度が使えるかどうか自治体に確認すると良いです。

太陽光発電の価格はピンからキリまであります。安いものは1万5000円ほどから買えて、高いものは、150万以上します。