どんな書類が必要?ソフトなら簡単にできるの?

貸借対照表と損益計算書を作成する

確定申告を行うとき、所得を計算します。事業を行っているのであれば、事業で得た収入から事業運営にかかった経費を差し引けば計算ができます。一般的な白色申告では、現金の流れなどに応じた単式簿記で帳簿作成ができます。しかし、青色申告を行うときは単式簿記で作成した書類では認めてもらえません。複式簿記で作成した帳簿が必要で、その結果として貸借対照表と損益計算書を提出します。損益計算書は、収入と経費の項目を細かく表示した書類です。貸借対照表は、年末時点での資産の状況を示します。現金などの資産がどれくらいあるか、将来減価償却をする固定資産がどれくらいあるのかなどを表示します。法人などが作成している書類に近い書類を提出しないといけません。

ソフトを使うと簡単に手続きができるか

白色申告に比べると、青色申告のメリットは歴然です。経費にできる項目が多く、さらには何もしなくても受けられる控除があります。確実に税金を減らせます。ただ、青色申告は複雑な経理処理が必要とされています。一から経理業務を学ぶのにかかる費用の元が取れるかどうかになるでしょう。そんな中で経理の知識がなくても青色申告ができるソフトがあるといわれています。会計ソフトの一種で、ソフトが指示する通りに入力していくと、自然に必要な帳簿書類が作成できます。確かに手書きで一から作成するよりも簡単にはできます。ただ、経理の知識がなくてもできるは少し言い過ぎでしょう。経理の知識は実際はそれほど難しくありません。使っているうちにわかるようになるレベルです。

青色申告は、事業取引を所定の帳簿で管理し、それに基づき申告する制度です。専従者給与への必要経費算入、特別控除の利用、純損失の繰越しができる等、長所があります。短所もあるので、利用の際は確認しましょう。