青色申告との違いを知っておこう!!楽に帳簿が作成できるよ!!

書類作成の手間が青色申告より少ない

税務署に申告をすると、税務署ではその内容のチェックを行います。問題が無ければそのまま処理されますが、問題があれば申告のし直しなどをしてもらわないといけません。できるだけわかりやすい書類を提出してもらおうと工夫をしています。事業所得等があるとき、経費項目などが多くなります。この時、申告者は2つの方法が選べます。一つは白色申告で、もう一つは青色申告です。違いとしては、書類作成の手間があります。青色申告は本格的な事務手続きが求められ、その分税務署でもチェックがしやすくなります。一方白色申告は、事務手続きに慣れていない人でも行えるよう簡易な方法が認められています。税務署でもチェックする範囲が狭くなります。白色申告は青色申告よりも税制のメリットが少なくなります。

複式簿記で作成するか単式簿記で作成するか

商業高校や大学の商学部や経営学部などに行くと、簿記の授業を受けるでしょう。この時に学ぶ簿記は複式簿記と呼ばれ、一般的な企業で行われる技術になります。一つの取引において、2つ以上の勘定科目が出てくる方法になります。慣れれば簡単にできますが、知らない人が行おうとするとかなりややこしく感じるようです。そこで誰でも簡単にできる方法として単式簿記と呼ばれる方法ができました。一つの仕分けで発生する科目は1つの勘定科目のみです。白色申告と青色申告の違いとして、複式簿記を使うか単式簿記を使うかがあります。白色申告は簡易な単式簿記での記帳が認められています。青色申告を行うときは複式簿記で帳簿作成をしなければいけません。

白色申告は単式簿記で行う、記帳がシンプルな確定申告のことです。青色申告のような特別控除が必要ないため、それに伴い「青色申告承認申請書」の提出が不要です。