通販物流の委託は確実な出荷を実現してくれます

品数が多い通販店ほど管理が大変です

個人経営で通販店を運営している人も多いかと思われますが、取り扱う商品数が多いお店は、利用する側にとって便利なお店として何度も利用してくれるようになります。

しかし、通販店を運営する側にとって、品数が増えると在庫の管理や商品在庫の保管場所などの問題が起きる事になります。

自宅を在庫置き場にしている人もいますが、小物などの場合でも、品数が増えていけば置き場所の問題、そして現在の在庫数の管理などが大変です。

特に、取り扱う品物が大きなものが多い場合、自宅の中では保管が出来ないため、小さな倉庫を借りるなどが必要になります。

こんな時には、通販物流自体を専門の会社に委託する方法もあります。

委託をした場合、在庫管理や入出庫管理も一括で依頼が出来るので、通販サイトの運営に集中出来るようになります。

オーダーに対して異品が発生

通販物流を委託した場合、専門家が行うのでオーダーに対しての異品が発生するトラブルは最小限に抑える事が出来ます。

異品はオーダーを受けた品物とは別の品物をピッキングしてしまい、それをお客さんに発送してしまうトラブルです。

間違ったものが届けば、お客さんに迷惑を掛けてしまいますし、例え、色違いの品物でもお客さんが頼んでくれた品物とは異なるので異品になります。

こうしたトラブルは通販サイトにとって致命的な部分でもあるわけです。

通販物流の委託会社の場合、経験から得たノウハウを使って入出庫業務を行っています。

それため、異品、員数不足もしくは員数過多、未発送などのトラブルが起こる確率が限りなくゼロに近いなど物流業務の品質が高くなっています。

通販物流では多品種少量輸送の要素がより強まる為、在庫管理はより重要となります。ロット指定といった、細やかな対処が可能である事は必須条件となります。