引っ越しの準備を手際よく進めるコツについて

引っ越しが決まったら不要なものを整理しましょう

引っ越しは家の中にある荷物をまとめて、新居に運ぶ作業が必要です。

しかし、家の中にある荷物すべてを持って行くのではなく、予め不要なものと持って行くものを分けておくのが作業をスムーズに行うコツです。

不要なものとは、押し入れの奥にしまい込んだままにしているもの、購入したけれど着ない洋服、貰ったけれど使わずにしまい込んでいる食器類などです。

持って行けばいつかは使うかもしれない品物は、使わない事が多いので引っ越しの時に思い切って処分してしまうのがお勧めです。

尚、不要なものはリサイクルショップに持って行けば売れるケースもあります。

大量に不要なものが出て来た時にはリサイクルショップの中でも出張買い取りしているお店にお願いすれば自宅まで査定および回収が出来ます。

荷造りのコツをご紹介

引っ越しの荷造りは何かと手間が掛かる作業です。

荷造りをする時には普段使わないものからダンボールに詰めて行きます。

例えば、季節が夏場であれば冬物衣料などを最初に荷造りします。

食器類は割れてしまう恐れがあるので新聞紙で包んで箱に入れて行く事になりますが、引っ越しが決まった段階で使う食器の種類を少なくするのがコツです。

尚、ダンボールに荷物を詰める時には小さな箱に重量のあるものを入れる、大きな箱は比較的軽いものを入れるなどの使い分けがお勧めです。

箱には中に何が入っているのかを分かりやすく記載しておけば、荷解きする時の順番を決める事が出来ます。

リモコンや配線などは同じ箱に入れておくと、探す手間を省けるのでまとめておきましょう。

不用品の回収を自治体ではなく「何でも屋」などの一般企業にお願いする場合、業者によって回収代金がだいぶ違うものです。引越し同様に出来るだけ多めに回収代金を見積もってもらう作業が重要です。