起業をするときには十分なお金が必要になる

まずはお金を用意しなければならない

会社を立ち上げる場合には、やる気と素晴らしいアイデアがあればできますが、お金も当然必要になります。どのくらいのお金がかかるかは、何を始めるかによっても異なりますが、基本的に店舗や事務所が必要で、在庫を持つ必要があり、従業員を雇うならば、最低でも1000万円ぐらいのお金を用意しておいたほうがよいでしょう。小さなところでも、看板や広告などをだすときにお金結構かかってしまいます。事務所を借りる時も、初期費用が高いためそれなりのお金が必要です。在庫を抱える場合にはそれだけで数百万円のお金がかかりますので、合計で1000万円ぐらいは必要になるのは間違いありません。

ですが、すべて自分で用意する必要はありません。5割ぐらいは自分で用意して、残りの金は他から借りる方法もあります。

ビジネス初心者は公庫で借りるとよい

お金を借りる場合、多くの人が真っ先に思いつくのは金融機関ではないでしょうか。ですが、金融機関はそう簡単にお金を貸してくれません。例えばカードローンなどであれば、気軽にお金を貸してくれることも多いです。審査もそれほど厳しくありません。ですが、会社を始める時に大金が必要になりますので、そのレベルになると信用が必要になります。また担保もなければいけません。

つまり、これから会社を始めようとする人の多くは借入れすることができない条件がそろっているといえます。ですが、公庫を利用することで借り入れをすることを可能になります。公庫で借入する場合には、事業計画書を作成しなければなりません。事業計画書の書き方が分からない場合には、行政書士事務所にお願いをするとよいでしょう。

フランチャイズは、個人で事業を始めて苦労して事業を軌道に乗せていくのと違い最初から大手の傘下に入ってノウハウを享受できます。大手の看板も背負えるので創業期の苦しみのすごさを知っている人にはお勧めです。